忍者ブログ

丸山のトミー日記

サーヤだけど大道

移植埋入手術では、人工付け根を骨に埋め込み、定着指せるのでほとんどの患者さんは、オペレーション後、人工物を入れられた違和感を感じています。


数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みがつづいていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療をうけることが必要です。移植の利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実にうけるので、必ずこうだと言い切れるものでは無く、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。


典型的な移植メディカルケアは、3ステップあると考えてちょうだい。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工根元を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工付け根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょうだい。

このため、移植治療を初めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ三ヵ月から10ヶ月かかると押さえてちょうだい。



メディカルケアでは移植埋入オペレーションが一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、移植を支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成するオペレーションが必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。


このような難しい治療を行なう場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、診療計画をたてていってちょうだい。
どんな完璧な移植手当てでも、治療完了後、その通りで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。


食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰う必要はずっとつづきます。移植が虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。移植が世の中に定着した技術となった本日では、移植手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。



上部構造(義歯)が人工付け根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もありますね。
これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。移植専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大切だといえるでしょう。他の生活習慣とくらべても、喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えてきました)が移植手当てに及ぼす影響は無視できないものがあります。



一般的な移植の診療は数ヶ月かかりますが、埋入オペレーション後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかり繋がることが診療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。
移植メディカルケアの成功をねがうなら、診療をうけている間はつらくても禁煙するのが正解です。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R