忍者ブログ

丸山のトミー日記

律が兵ちゃん

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」の持つはたらきに注目が集まっています。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することにより、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
葉酸の服用は、妊娠後出来るだけ早く服用することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中に限らず、コンセプションを計画している方や希望している方も、積極的に葉酸を摂るよう、意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)してみましょう。仲良くしている御友達が妊活をがんばっていた頃、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かときくと漢方だと教えてくれました。彼女の話では、体質から変えたい、と考えているようでした。
漢方だったら安心感があると思います。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。



彼女が妊活をがんばっていたことを知っていたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。受胎時からオナカの中の赤ちゃんは細胞分裂を初めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、十分な葉酸を服用できない場合は、細胞分裂が正常に行なわれず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、身篭もる前からコンセプション初期にかけての期間は、ご飯で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の服用を心がけてください。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。


大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸栄養補助食材が良いらしい、という話になりました。

使いやすいのはどこの栄養補助食材かな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いらしいって教えてくれました。葉酸栄養補助食材は、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。友達が妊活をがんばっている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、赤ちゃんを無事に出産して欲しいと思います。一度流産を経験しました。

1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようとコンセプションにむけて、準備を初めるようになりました。

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私はまず運動で、体を変えてみようと思いました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温が高くなったので、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。


妊娠を希望している方や、受胎を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な服用を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

亜鉛は卵巣の正常なはたらきに重要な成分で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。
女性のみならず男性側も、亜鉛を服用することにより、受胎に高い効果があることが分かっています。

精子の質を高めることを手助けしてくれるという訳です。コンセプションはどちらか一人ではできません。げんきで壮健な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の服用を実践してみましょう。
受胎をきっかけに栄養指導を受けたり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。こうした機会に、葉酸が持つはたらきと、葉酸を多く含んだ食材を学んだ方も多いと思います。
葉酸がどのような食品に多くふくまれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

あるいは、野菜も代表の一つですね。こうした食材を食べることで葉酸を服用しようとした場合、加熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸服用を心がけてください。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、コマツナや菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。身篭もる後、早いうちにこれらの食材を摂取することによって、オナカの赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるらしいのです。
十分な葉酸摂取のために、毎日沢山の野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆あるいはホタテなどの貝類からの服用をお勧めしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのがよいでしょう。妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ヨガはダイエットやスタイルキープのためにおこなうと思っている方も多いかも知れませんが、妊活にも大変効果が高いのです。ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にも繋がります。さらに自律神経が整い、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。ネットを運用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でも行えますし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、オナカの中で体の器官を作り上げていくのですが、葉酸は、この時に重要なはたらきをします。


葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特長を持っているため、葉酸を含んだ総合栄養補助食材の服用がお勧めです。とは言え、妊婦にとって不足しがちなEPA・DHAは様々ですから、葉酸以外にどんな栄養素が必要であるのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。

そのような場合は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、栄養補助食品の成分を調べてみるのが良いですね。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R